走れ太宰

月曜日, 10. 1. 2007  –  Category: Review

ちょっと古い話にだけど、小畑健が太宰治の「人間失格」の表紙描いたのがえらい売れてるって話。
書店の棚を端から端まで見て回るのが趣味のpsiは当然目撃したわけなんですけれどもなんかもういたたまれなくなってしまってですね。

人間失格 (集英社文庫) 人間失格 (集英社文庫)
太宰 治

集英社 1990-11
売り上げランキング : 325
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「人間失格」って、本当に「人間失格」な話なんだけど、なんつーの、お世辞を言うにもちょっとこっちのボキャブラリの貧困さを呪いたくなる容姿の女があらかじめ「ほら、アタシってブスだからさ」とか言うのに似ている。素で単なるダメ人間の話なんだけど、そこに堂々と「人間失格」って冠することで「はい、僕も分かってますからそれ以上言っても無駄無d(ry」みたいな太宰の姑息な作戦なんである。
で、読むほうも頭っからそんな「人間失格」とか言われたら逆に「なんか人間の逃れ得ない闇の性質のテーゼが含まれているのではないか」とか錯覚してしまうではないか。
それゆえこれまで完全なる太宰の作戦勝ちを続けていたわけなんだが。
小畑健ーーーー!!!
まるで「私って(ry」と言わせる隙を与えずに「この女びみょー」発言をかますがごとく、表紙絵である。しかも夜神月系男子。もうね、絵ってのは言葉に比べたら届くスピードが段違いなわけですよ。「人間失格」なんてタイトルに惑わされる前に全員光速で理解する。
「ああ、これは人間失格だ」
もう太宰涙目。
まるで10年以上ハードボイルドで通してきた刑事がうっかり家の近くの猫に「はーいミケたんごはんでちゅよー」とかやっているのを目撃されてしまったごとくである。
あっさりと痛い子だということがバレてしまっているんである。
しかも彼の他の著作から薄々気づく文学少女のみならず、国語便覧でしか太宰の名前を知らない女子たちにまで表紙見た瞬間に本性がダダモレである。
恥ずかしい。穴があったら入りたい。穴がなければ掘りたい。
さすがに太宰に同情である。
しかし太宰。されど太宰。
案外そんな自分がウケていることに気づいたのかヘタれキャラで攻めようと「富嶽百景」ではおにゃのこにカメラ頼まれてへどもどしてみせているんである。
明らかにこの男、おバカである。

Tags:

Leave a Reply


Advertisement

hhstyle.com

Recent Entries

Recommended Disks

iconiconiconiconicon icon
icon icon

Recommended Appli

Category

Tag Cloud

Advertisement

TWITTER

AD

朝英語Biz
アルク「理系英語」シリーズ 【通信講座8%/書籍3%】

Archives

Last.fm

more on last.fm

last.fm tools – ARTIST CLOUD


powered by Last.fm Tools