Rough Trade

日曜日, 11. 20. 2005  –  Category: Review, 日常

まーベタかなとは思いつつもロンドン行ってラフトレ(ROUGH TRADE)行かなかったら潜りでしょう、というわけでラフトレに行ってきた。
ラフトレはコベントガーデンにもあるんだけど、私が行ったのはノッティングヒルの方。
hammersmith線の端っこまで行ってそこから歩いたんだけど、うわー、なんじゃこりゃ。こいつら絶対語尾に「ザマス」ってつけてしゃべってるザマス。という感じの町並み。こんなとこにほんとにラフトレあんのかなー。
土曜だったので、ショッピング街は大賑わい。テレビの撮影とかやってるし。なんか本屋の中で記念撮影してる人もいる。何でわざわざ建物の中で写真撮ってんだろう、なんか有名な作家のサイン会とかやってんのかな~と思いながら10歩くらい通り過ぎてようやく気づいた。「ノッティングヒルの恋人」か! あっはっはーばっかじゃねえあの東洋人! と嘲笑ったわずか10秒後に「おおっ、アレはまさしくROUGH TRADE!」と店の写真を撮っているアホ東洋人がもう一人ここに。
店の中に入っても特に目当てとかなくて、できればHMV UKでももう在庫切れになってるGramercyのCDでも売ってたらラッキーだなくらいに思ってたんですが、それはなかったですね。まあ、正直品揃えを期待するなら西新宿でもうろついた方が全然良い訳で。そこは別に期待はせず。
何にも買わずに帰るのもアレなので、もとSuedeファンの友達のお土産にFutonのCDSを一枚、それからPure Reason RevolutionのCDSとミニアルバム、なんとなく見栄でcherry fallsの7″を二枚購入。いや、アナログのプレーヤー持ってないんだけどね(爆)だから見栄なんだってばさ。なんかこうアナログ買わないと馬鹿にされそうな雰囲気?みたいな?
※聴かないともったいないのでvestaxのプレーヤー買いました。
Pure Reason Revolutionは以前サイトで試聴して割といいなーと思ってたんで買ったんですが、これ、まじいいです。大プッシュ!!! 最近ダーク系グルーヴに飢えているので小躍りしてしまいましたよ。
TCTCの二枚目あたり若干手触りとしては近いかも(名前が長いのも似てるしな!)。the musicのごく初期プログレサイケな感じを残してた頃とか。あと、マンサンの晩年(苦笑)わりとダンサブルな曲が時々あったけど、あの辺好きな人は案外いけるかもです。女の子コーラスが入るのでとっつきやすさもあるし、売れるんじゃないかな~いい加減みんなガレージ系飽きてきたでしょ?
曲名がまたなんともはやなんですよ、”the bright ambassadors of morning”っかーー!
このタイトルを延々連呼するんですが、それが病みつきになるカッコよさ。家の中で一人パーティーやってます(笑) やっぱUKはグルーヴィーロックがないとね!

Cautionary Tales for the Brave
B000B8TO4E Pure Reason Revolution

BMG 2005-11-29
売り上げランキング : 47,731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しかしAmazonで出てくるタイトル全部レコード会社がバラバラなのはなんでだ(笑)
最初はPoptonesだったのか~たしかにクリエイションっぽいかも!
ベタついでにオアシスのジャケで有名なSelectadiscにも行こうかと思ってたんだけど時間がなかった。

Tags: , ,

Leave a Reply


Advertisement

hhstyle.com

Recent Entries

Recommended Disks

iconiconiconiconicon icon
icon icon

Recommended Appli

Category

Tag Cloud

Advertisement

TWITTER

AD

朝英語Biz
アルク「理系英語」シリーズ 【通信講座8%/書籍3%】

Archives

Last.fm

more on last.fm

last.fm tools – ARTIST CLOUD


powered by Last.fm Tools