かねてより、個人的ベストアニメは赤根和樹監督の「ヒートガイジェイ」である、と公言してはばからないpsiですが、赤根監督と松風雅也が三度タッグを組んだ「赤根ギアス」こと「コードギアス 亡国のアキト」。先行上映と本日の舞台挨拶つき上映を見終わって、家に帰って設定集とか観てたら赤根テンションが高まり過ぎたので、一昨年からずっとやろうと思ってできていなかった、「ヒートガイジェイ」と「コードギアス 亡国のアキト」の比較をやろうと思います。

ヒートガイジェイ タイトルロゴ VS コードギアス 亡国のアキト タイトルロゴ

この2つの作品は赤根監督を軸として相似形を成していて、赤根監督を語る上でとても興味深い。
かたやオリジナル作品、かたや原案あり、しかもTVシリーズとして凄まじい人気を誇るアニメーションのスピンオフということで、全く性格はことなるのですが、そこは赤根監督、マイペースにも程があります。何をやっても赤根色です。

今回は復習から入って、全体的なテーマとヒートガイとの比較の上で重要な松風雅也さんについて言及するところまでやりたいと思います。

赤根和樹監督作品

まずは復習。

ヒートガイジェイについてはネタバレが含まれます。アキトに関しては1章本編と2章予告は観た前提で、明らかにだれでも推測可能な事項とかは言及しますが、それ以外に関してはなるべくネタバレ避けるようにします。

1. テーマ

ヒートガイもアキトも、どちらも一行でまとめるとこういう話です。

凄いデキる男だが、暴走気味の兄に、「俺のために働け」とか言われて、主人公である弟が困って、「落ち着けよ、兄貴……」みたいな話。

ただ、インタビューによると第三章でアキトとシンの直接対決らしいので、本当にラスボスが兄貴だったヒートガイと違い、アキトは四章でワンチャンあるかもしれません。
あと、ダイスケと違ってアキトは若干中二病なので……

とはいえ、ヒートガイジェイでは、世間的な尺度では決して「デキる子」ではないものの、色んな意味での「強さ」をもつダイスケを演じ、「母さんを許してやれよ、兄貴……」とDQN兄さんをたしなめる側だった松風さんが、今回ギアスでは入野アキトに「聖ミカエル騎士団に従属の誓いを立てろ!(うろ覚え)」とかDQN全開の兄の立場に変わっています。
一方、ヒートガイジェイで色々こじらせてしまった兄貴を演じていたのは三木眞一郎さん。養成所出身ではない松風さんにアニメ声優のイロハを伝授してくれた、いわばアニメ声優松風雅也の親とも言える方です。役的に言えば、その三木さんの立ち位置に、松風さんが今回立っているわけです。
対する弟役はもう既に立派にアニメ声優として地位を確立している入野自由さんですが、とはいえ、彼も子役出身で、所謂声優養成所出身ではありません。
……とか考えながら観ると、より味わい深いです。

※ 松風さんは人生のレールに乗って車の修理工になるのがイヤで、「芸能人になったらいいんじゃね?」的な感じでエキストラ役者として暮らしていたところ、なんでかメガレンジャーに出演することに。メガレンジャーでのアクション俳優としての経験を買われてシェンムーのモーションキャプチャの仕事のオファーが来て、色々やっているうちにモーションキャプチャだけじゃなくて主人公の声もあてることになる。そんでもって、「じゃあ、ほかの登場人物もちゃんと声優使おうぜ」という制作サイドの意向により、ゲーム内で主人公と会話するキャラクターのオーディションが行われる、が、この時、すべてのキャラクターのオーディションを掛け合いで、しかも主人公本人(=松風さん)との掛け合いで実施。戦隊ヒーローとしてはそれなりのキャリアがありつつも、所謂「声優」としては素人の松風さんが、声優相手の掛け合い千人斬り(リアルにそれくらいやったらしい)をすることに。このとき松風さんは自分の「声優」としての未熟さを感じ、噛んだ台詞は全てメモし、同じ台詞を絶対に再び噛まないことを自身に課したという。
この仕事の縁で声優の仕事をもらったのが、「快感フレーズ」。ここで三木眞一郎さんに出会い、その縁でヒートガイジェイに至る。
なお、上記はラジオで松風さんが語った話の記憶を元に書いていますので、事実誤認や記憶違いがありましたらお詫びいたします。
兄弟対決比較
作品名 兄(DQN) 弟(主人公)
ヒートガイジェイ

シュン・アウローラ

シュン・アウローラ

ダイスケ・アウローラ

ダイスケ・アウローラ

CV:三木眞一郎 CV:松風雅也
コードギアス 亡国のアキト

シン・ヒュウガ・シャイング

シン・ヒュウガ・シャイング

日向アキト

日向アキト

CV:松風雅也 CV:入野自由

髪の色とメガネ以外だいたい一致!!!

Tags: , , , ,

Leave a Reply


Advertisement

hhstyle.com

Recent Entries

Recommended Disks

iconiconiconiconicon icon
icon icon

Recommended Appli

Category

Tag Cloud

Advertisement

TWITTER

AD

朝英語Biz
アルク「理系英語」シリーズ 【通信講座8%/書籍3%】

Archives

Last.fm

more on last.fm

last.fm tools – ARTIST CLOUD


powered by Last.fm Tools